味覚障害

超日常のどうでもいいけども最大関心事なこと。

前提として、インドでは牛肉はまったく売っていないし
レストランでもほとんど食べられない。
イスラム教徒も多いので豚肉も同じ。
というわけで、お肉といえば、鶏肉。

最近、近所のスーパーで冷凍の豚肉を売っているのを見て
めちゃ喜んで即座に購入したわたし。
なんせ、豚肉の夢を見るくらい豚肉を食べたかったもんで。
塩麹をもみこみながら自然解凍して、塩コショウして
そのままフライパンで丁寧に焼いて。
部屋中豚肉の焼けるいいにおいがして、至福・・・
思わずキッチンでビールを開けて
焼きたての豚肉をひとくち・・・

あれ??
甘い・・・

甘い要素などまったくないのに、甘い。
さすがインド、変な保存料とか使ってたに違いない。
まぁ全部食べたけど。

その1週間後。
弟がインドに遊びに来た。
わたしのリクエストは「肉!!刺身!!いくら!!たらこ!!塩辛!!」
ということで、かわいそうな弟は20kg分の食材をスーツケースに入れてやってきた。
意気揚々と、スジの入った牛肉、WAGYUを焼くわたし。
今回も味付けは塩コショウ。
肉のうまみを引き出すのは塩コショウですから!!!

そして最初のひとくち・・・

あれ??
また甘いぞ・・・????


これはいったいなんだろう。
そういえば、最近水も妙に甘く感じるし、口の中も甘い気がしている。

いろいろ調べてたら「味覚障害」っぽい。

人工調味料とか味の濃いもののとりすぎと、
亜鉛の不足が原因なんだって。

確かにインド生活、どうしても味の濃いインド料理か
インスタント食材中心になりがちだからな・・・

そして亜鉛ってなんだ??何に含まれるんだ??と調べていたら

肉・・・
(正確に言うと、牛肉パルメザンチーズ生牡蠣煮干など)

肉・・・



はー、早く思う存分肉の食べられる状況に戻りたい。

決してインドから帰りたいわけではない。

肉 が 食 べ ら れ る 環 境 が 欲 し い


そう、ただそれだけ・・・。


ちなみに亜鉛不足の引き起こす味覚障害以外の症状としては、うつ状態など。
なんか最近やる気が出ないと思ってたんですよね・・・
これも亜鉛のせいでしたか・・・
亜鉛のせいだといいんだけどな・・・


インドの社長から「もう1年いたらどうだ?」と言われ
もちろん冗談とわかっているのだけど冗談でもそう言われることが目標だったので
なんか肩の力が抜けてしまい

日本の上司から電話が来て
「がんばってるな!!もう戻ってきても頭でっかちって言われないな!!」と言われ
そうだった、上司の期待値なんかそんな程度・・・と改めて気づいてしまい
モチベーション急降下中。

なんとか来週を乗り切ったらデワリで1週間お休み。
南フランス!!
ひゃっほー!!

心を動かして新しいエネルギーを養おう。
わたしの動力源はわたしの中にしかないのだから・・・!!
そして日々のごはんも動力源。
パルメジャーノチーズをかじろう。

[PR]
# by marmariko | 2015-10-31 15:10 | インド単身赴任

愛について考える

インド人は非常に愛に忠実な人たちなので
わたしはインドに来てからよく愛について考えている。

子どもというのは親の愛そのものなのだと思う。
親の心子知らずというが、それでいいのだとも思う。
愛とは与えるもの。
返すものではない。
親に愛を返すのではない。
自分が自分の愛で親を愛すだけなのだと思う。

そして子どもには自分から湧き出す愛をすべて注いで愛したいと思う。
同じ気持ちを夫婦で持ちたいと思う。

幸せと愛はリンクする。
インドの若い夫婦や親子を見ていてつくづく思う。
若い男の子が「I love my mom」と言う。
なんて素敵なんだろうと思う。

親から子へそしてその子どもたちへ、
綿々たる愛の中にわたしは存在している。
なんて幸せなことだろうと思う。

[PR]
# by marmariko | 2015-10-26 20:48 | インド単身赴任

バンド遍歴

自分のルーツは吹奏楽だと思っていたけど、
なんかわたし意外といろんなバンドやってたかも!と昨日気づき
まとめてみたくなってうずうず!!

高校
IS祭バンド①
スカパラ 美しく燃える森
https://youtu.be/yxYRJEeN6Gg
オリジナル1曲

IS祭バンド②
スカパラ セサミストリート
https://youtu.be/j1PqrBDQOdQ

大学
ジャズ研
Ego Wrappin' くちばしにチェリー
https://youtu.be/muiMPwVRR_0

ロッ研コラボ
KEMURI 
Our PMA https://youtu.be/3MtcGmFgXdE
KAMISAMA https://youtu.be/Rvdg1XZumfo?list=PLQxULpbiuxm0xezLkogkylez4zYlC_DsH
Go! Under the Sunshine https://youtu.be/pAWY248mFD0?list=PLQxULpbiuxm0xezLkogkylez4zYlC_DsH

クリパバンド①やにバンド
クリパバンド②トラリス
クリパバンド③よしだめカンタービレ
このへん記憶曖昧・・・

社会人
バンド名も覚えてないけどめちゃ楽しい社会人バンド
曲もおぼえてない・・・難しかったということしかおぼえてない・・・
横浜まで通ってバリサク吹いてたなぁ

だめだ、記憶が無さ過ぎる

また思い出したらアップデートすることにして

今吹きたい曲メモ
Ego Wrapin' かつて https://youtu.be/cyIme_SwtrU
チェイス 黒い炎 https://youtu.be/t7HKPV8LeHQ
吾妻光良&・・・ やっぱり肉を食おう https://youtu.be/sHD1LdFHaxs

[PR]
# by marmariko | 2015-10-12 15:30 | インド単身赴任

アンチリツイート

西加奈子の「ふくわらい」を読んだ。
経験をすることで他人の言葉が腑に落ち自分の言葉になり
その自在感が自由なのだ、と最近のわたしは思っているのだけど
同じようなことが「物語」になっていて嬉しかった。
会社員というのはときに誰よりも自由だと思う。
会社員というのは記号でもある。
30を目の前にして記号であることを改めて見つめ直して
朝井リョウが「何者」という小説を書いていることに気づく。
おー、なんだなんだ、これが社会のトレンドか。

コピペとかスクショとかリツイートとか
世の中はどんどん便利になったけど人間の本質はそんなに変わらない。
体験が次の一歩の原動力で、一足飛びに別の人生が待っていることは無い。



さっきお茶を飲みながらかわいいかわいい22歳女子が彼女の過去と今の話を打ち明けてくれて
それがあまりにも重くて未だに混乱をしているのだけど

大丈夫、そんなに悲しくて辛くて心が引き裂かれそうな出来事があったあなたは
誰よりも優しくなれるし誰よりも思慮深く道を選べるよ。

今でも辛いと思うけれど悲観しないで前向きな一歩を選んだあなた、
22歳になってよかったね。
17歳では選べなかった、19歳ではわからなかった。
もっと子どもでいいときに、大人になることを急かされて辛かったね。
でも大人になってよかったね。

インドにいる、ということ自体、何か理由があるということで
この国にいることは改めて奥深いと思いました。

[PR]
# by marmariko | 2015-10-07 21:12 | インド単身赴任

what makes me happy

部活をやっていたとき、楽器が好きだったか嫌いだったかなんかわからないくらい
ひたすらルーチンの中にいた。
一応、小中高大と続けたので「特技は?」ときかれれば「SAX吹けます」と
言える程度には吹けると思うけれど、比較をすればきりがなくて
どちらかと言えば気が重くなるくらい、あれもできないしこれも上手じゃないし。

チェンナイで誘ってもらって楽器を借りて吹かせてもらって。
毎日、30分でも近所迷惑にならない時間をみつけたら家でも練習して。
全然うまくないけど、何もふけないけど、
無心で音をまさぐっている時間が楽しくて楽しくて。

そう、音は「まさぐる」という表現がしっくりくるのです。
これが欲しいっていうのが明確にあるんだけど
そこにたどり着かないから、あちこち寄り道していろいろ試して
まぁ気持ち良いからいいか、ってなる。

四六時中楽器を吹いていたときにこういう気持ちになれたらよかったのに
そのときは目の前のことに一生懸命すぎて
きっとなんでもそういうもんなんだろうなぁ。
無いものねだりの連続。

今あるもの、今夢中にさせてくれるものにいつも感謝していないと
それは指の間を通り抜けていっちゃうんだろうな。
Thank you for everything that makes me happy today and tomorrow :)

[PR]
# by marmariko | 2015-10-05 01:52 | インド単身赴任

批判は自己投影というのはうまいこと言ったもので

誰かの行動が気に障ったりするのは、自分の中の嫌いな自分を見たように感じるから、

と、尊敬するお姉さんがTwitterに書いていて、非常になるほどと思った。
というのは彼女は非常にコンプレインの多い人で、
「いや、自分はどうなんだよ・・・」と思うことも多々あるから。
そこに気づいて改善しようとしている姿が非常に凛として見えて、
常に自分を見つめる姿がかっこいいとも思うのでした。


反面、自分に似た部分を持つ人を見て「人間味があっていいな」とつい愛してしまうこともある。
インド人とかインド人とかインド人とか・・・笑

なんか日本人って斜に構えて「普通こう」とか「○○なんてありえない」とか言いがちな気がするけど
わたしから見たインド人は非常に愛に忠実で、
それは自己愛だったり家族愛だったり博愛だったり
いろいろなんだけど
それはそれで非常に居心地がいい。

インド生活、もう疲れたなと思うけど、
帰ったら帰ったで、日本って窮屈だと思うんだろうなー。

[PR]
# by marmariko | 2015-09-30 20:35 | インド単身赴任

手を握ったら涙が出た

ひょっとしたらわたしは今すごく悩んでいるのかもしれない
[PR]
# by marmariko | 2015-09-11 15:06

続いていく:情熱は人を動かす

とても胸アツのニュースを発見!
10年前に卒業した高校の所属していた部活が県大会で金賞とな!

小さな縁なんだけど、中学の部活で講師をしてくれていた先生に
高校の部活の部長になったわたしは「うちの高校でも教えてもらえませんか」と
直談判に言ったのか・・・顧問にお願いしてつないでもらったのか・・・
講師を引き受けてもらったのを後悔するくらいの厳しい練習が始まり
というか意識改革が始まり
その年の大会は12年ぶりに県大会出場。
忘れられない夏になった。

先生の言葉で心に残っている言葉はたくさんある。
「ひとりがひとつミスをすると、50人いれば50個のミスになる。自分の精度を上げること」
「目と耳と心」
16歳のわたしなりに、17歳のわたしなりに、
悩んで立ち止まって動いて動いて それでも失敗して 

先生の言葉、たくさんの経験、それが全部つながって今のわたしがあるように

ひとつしたの後輩が意味わかんないくらい結託して本気で全国狙ってたのも知ってるし
その下もその下も、毎年講師の先生が「もう無理・・・」と言うのを泣きながら引き止めて
講師の契約を更新してもらっているのも噂で聞いて知っている
そして近年はアンサンブルでかなり上位に行くくらい実力が上がっていたのも知っている

わたしが放り投げたのは小さな石。意志。
波紋がさざ波になるように後輩たちが自分たちなりの大きな波を毎年作り
進学校で3年生は部活に出られないという障害を乗り越え結果を出した・・・


It's drama. I know it's just my story


そのときは一生懸命すぎて気づいていなかったけど
情熱で人を動かしていたと思う。
それは今でもわたしの強みで、いつになっても忘れちゃいけない
斜に構えた自分に負けちゃいけない



[PR]
# by marmariko | 2015-08-26 15:19 | インド単身赴任

タラレバ娘、ではないのだが

東村アキコはとても好きな漫画家で、きせかえユカちゃんにはじまり
短編もほとんど読んでるし(Cookie BOXまで買ってたからな・・・)
おもに泣いていますとかひまわりとか青年誌書き散らしも好きで
ママはテンパリストをうっかり漫喫で読んで笑いを押し殺しきれず
壁蹴りまくっちゃったし、かくかくしかじかは出張帰りの新幹線で読んで泣いた。
だけどタラレバ娘は「テーマがあざとすぎるだろう」と敬遠し、でもやっぱり見送れず
電子書籍で一気に買いました。昨日。

33歳高校の親友「女子」3人。
気づけばあっという間の20代、仕事ではそこそこの成功を手にしているけど
恋愛の話題は全部2年~5年前の話、仕事も「できて当たり前」の踊り場、
結婚したいと言いながら女子会ばかり。

自分も登場しても違和感ない・・・あるか、あんなオシャレじゃないわ。
でもオシャレ飲みしてたら酔っ払うのにコストがかかるから
安居酒屋でホッピー頼むあたりめちゃ共感できるわ。

なんか、20代前半のわたし、すごく達観してたんだよな。
めちゃめちゃかわいかった先輩が歳をとっていくのを見て、
「わたし見た目で勝負できるわけでもないし、中身も耳年増になるタイプだから
早めにまじめに考えよう」って思っていた。

最近旦那氏とわたしは結婚していなかったらどういう関係だったかな、と考える。
職場結婚なので、つきあっていなくても結婚していなくても
顔を合わせば挨拶もするし立ち話もするだろう。
自分が感じたこと考えていることを聞いてもらいたいと思うし
彼がどんなコメントをするか期待もしているだろうと思う。
たぶん「大好きな先輩」「尊敬できる先輩」のひとりになっていたはず。
そう考えると26歳で気持ちを決めた自分、良かったなぁと思う。
(帰ったらなんか夫婦の目標を考えよう・・・そうじゃないと尊敬できる先輩のままになってしまう・・・)

結婚したことで「結婚しなきゃ!」と思わなくてよくなったし、
人はふたりいればひとりでは想像のつかない化学変化も起こせるので
そういう意味でもよかったなぁと思う。

でも慢性的な飢餓感というか
焦燥感というか
早く言えば承認欲求のようなものはまったく解消されず
それは結局自分の問題で、やはり向き合い続けないといけないことに
なんとなく今までそれを恋愛のせいとかにしていたけれどそういうことではないことに
気づかされてしまうから残酷だ。

タラレバ娘・・・そもそも結婚が解なのか?男がいればいいのか?というところはYESが前提なんだよな。
エンターテイメントだからそれでもいいのだろうが。
わたしは彼女たちに「いや仕事頑張れよ」と言いたい1~3巻。
4巻以降で仕事を頑張りだすかもしれないから引き続き楽しみです☆

[PR]
# by marmariko | 2015-08-19 02:17 | インド単身赴任

生きていく/どうやって

旦那氏がインドに出張してきたときに1冊の本を置いていった。
「一生勉強していくための基礎になる本」みたいなテーマで
まったく読む気が起こらなかったのでしばし放置。

アホみたいに忙しい日々が続き最近ようやく一息ついて
先週末は嘘みたいに何も無い週末だったのでその本を持ってカフェへ。

本の読み方選び方、アウトプットを想定した勉強をせよ云々書いてあったけど
そのすべての根拠となるのはキャリアプランだと書いてあり
それ向き合いたくないヤツーって思ってちょっとくさくさ。


29歳5ヶ月のまりこちゃんのキャリアプランはこちら。
インドで汗まみれ
(30歳)もといた部署でもうちょっとウェブに特化した仕事がしたい
同時に妊娠したい
(31歳)帰国後1年くらいで第1子出産、産休育休
(32歳)職場復帰するが旦那氏海外赴任
5年以内はついていく。その間に第2子出産。
上の子が5歳まで育児に専念しながら小説や児童文学を投稿したりする
(37歳)旦那氏が横異動しようともいったん帰国。
最初はもと部署で。
1年くらいで事業部に異動しコミュニケーションの仕事をする。
3年必死で働いて頭角を現す
(41歳)ぼちぼち課長級を目指せるところに来れるか
(42歳)昇級し、マネージャー的な職級でもと部署に戻る
5年好きな仕事に好きなだけいきいきと取り組み
3年必死で働いて頭角を現す
(51歳)コミュニケーション部門部長(上の子成人!)
(55歳)役職定年(上の子卒業、下の子成人!)
若手を育てつつ社史編纂とかそういう仕事をしたい
旦那氏は62歳でもうネクストキャリアをしているかもしれないけど
地球儀塗りつぶす勢いで旅行をしたい
(60歳)定年退職 旦那氏も67歳で完全引退してるかな
高校生大学生のキャリア指導とか
小説とか随筆を書いてみたりとか
季節ごとに花を育てたりとか
片っ端から温泉を制覇したりとか
そうこうしているうちに上の子は30歳だから孫が生まれたり
父が89歳、母が85歳だから介護に大忙しだったりするんだろうけど



あれ、
これキャリアプランじゃなくない・・・??
妄想じゃない・・・??

そしてもう海外で仕事する気なくない・・・???


あと一番バリバリ働きたいとき、子どもが小学生~中学生~受験~受験 と、
不安定な時期を過ごしているんだなと思った。
思春期の子どもに寄り添いたいけれど。
ちなみにわたしの妄想では、小学生のサマーキャンプに始まり
種子島の宇宙留学とか山村留学とかもちろん海を越えた留学とか、
いろいろ自分の手元以外で経験させてあげたいことが多いので
やはりわたしは仕事してサポートしないといけないのだがな・・・
妄想はつきません、まだ見ぬわが子への愛で満ち溢れております。

[PR]
# by marmariko | 2015-08-17 18:48 | インド単身赴任


目指せ、イイおんな!


by marmariko

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
大学1年生の日常
大学2年生の日常
大学3年生の日常
大学4年生の日常
本の話
恋愛の話
社会人1~3年目
社会人4~6年目
インド単身赴任
未分類

me!

2005年5月スタート

ふらふらとした学生時代
甘っちょろい新入社員を経て
そろそろ30歳になる
勤労女子です



以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 03月
2013年 10月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ブログジャンル

OL
海外生活